プロフェッショナルのホイール修理術を学ぶべし!

ホイール修理を自分でやってみよう!

管理人メモ

今回、取材させていただいたのは、アルミホイールに出来たキズを綺麗に修理して美しく蘇らせる「ホイールリペア」という技術。アルミホイール修理のDIYに挑戦する前に、プロの技を教えて貰おうという企画だ。アルミホイールは車のドレスアップパーツとして現在、ほぼ標準装備になっている。シルバーやハイパーシルバー、ガンメタリック、ブロンズ系など様々なカラーのものがあり、ユーザーにとっては嬉しい限りだが、その反面キズが出来てしまった時はこうしたカラーを再現するのが難しいようだ。

取材するにあたり準備していただいたのは、DIYに挑戦できそうな比較的小さいガリキズができたBMWの純正ホイール。縁石や駐車場の車止めなどに擦ってやってしまうケースの多いガリキズ。ここではプロの技術を見せていただく訳だが、是非、自分がアルミホイール修理のDIYに挑戦しているところを想像しながら読んでみて欲しい。勿論、プロが使用する工具などを準備するのは大変だが、想像しながら読むことで、楽しく読んで頂けるだろうし、自分ならばこうするといったアイデアが浮かべば取材した甲斐があったというものだ。

ホイールを脱着するべし

管理人メモ

アルミホイールを修理する際には、必ず車からホイールを脱着するようにして欲しい。何故なら、作業している時にボディにキズがついてしまう可能性があり、作業をする際にも車に装着されたままでは作業がしづらいからだ。

多くの実績と高い技術を持つプロでさえ、ホイールを修理する際には、きちんと脱着してから作業を始める。これは見習った方が良いと言える。タイヤの脱着はさほど難しくはない。雪国などにお住まいの方やウインタースポーツなどで降雪地域に行かれる方がスタッドレスタイヤに履き替える際など、タイヤの交換は経験がある方も多いだろう。

タイヤ交換の経験が無いといった方もいるかも知れないが、ジャッキアップして、ナットは一気に外さずに、対角線上にあるナットを少しずつ緩め、全体的に外していくのがポイントだ。

いきなり修理はNG、まずはホイールを洗うべし

管理人メモ

いきなりキズの修理に取り掛かるのではなく、まずは綺麗に洗ってから作業を始めよう。最初に水を流しながらブラシなどで汚れを落としていく。この時、表面だけでなく、裏側もしっかりと洗う事が大切だ。

あらかた汚れを落とし終わったら、よく見ると小さな黒いものがホイールにこびり付いているのが分かるだろう。その正体はブレーキダスト。こうした物は、専用の除去剤を使用してしっかりと落としていく。それでもなかなか落ちない場合は、より強力なものを使用する。

綺麗になったら、水分をしっかりと拭きとる事が大切。アルミホイールを修理するプロの現場では、エアダスターを使用して水分を飛ばしていたが、一般の家庭にはこうした物は置いてない場合がほとんどだと思うので、しっかりと拭きとるようにしよう。

ガリ傷部を粗修正

管理人メモ

十分綺麗になったら、いよいよアルミホイールのキズ修理に移る。キズが浅い場合には、タイヤは装着したまま、エア圧もそのままでOK。ただしキズの周辺はしっかりとマスキングする事を忘れないようにしよう。

まずはサンダ―という工具を使用してキズをなだらかにする為に削っていく。まずは、粗い目のペーパーを使用して、大まかに削っていくのがコツ。

最初から目の細かいペーパーを使用すると、なかなか削れず効率が悪いのだ。だから最初は粗めのペーパーを使用して表面のバリ(表面がキズによってザラザラになっている部分)を除去して、少しずつキメの細かいペーパーに変えていき、表面をなめらかに整えていく事が良いと言えるだろう。

なだらかになればOK!

管理人メモ

サンダ―を使用して粗いペーパーで削り、徐々にペーパーの目を細かくしていく。削る作業は、写真くらいに綺麗になっていれば問題ないだろう。この後はキメの細かい耐水ペーパーを使用して仕上げる事になるのだが、サンダ―を使用した作業は一旦終了になる。

サンダ―などの工具をDIYで準備するのは比較的簡単でホームセンターなどで容易に入手できる。サンディングペーパーも目が違う番号の物を数種類用意しておく。作業の効率がアップするだけでなく、仕上がりにも差が出てくると言える。

DIYに初挑戦する方は「どうしてそこまでこだわるのか?」と思うかも知れないが、細かい作業を1つずつ積み重ねる事が、仕上がりに差が出るので、アルミホイール修理のDIYに挑戦する際もここは信じてやってみて欲しい。

ページトップへ戻る